本文へジャンプ

営業案内

上質な製本

当社は詩集などの文学書、学術書、専門書を主に取り扱う書籍製本会社です。
仕上がりにこだわる詩集などでは、変形本や特殊な仕上げを施した装丁もあり、
顧客のあらゆるニーズに応える上質な本作りをしています。

多品種、小ロットで品格ある本作り

製本ロットは1000から2000部、多くても1から2万部、少ないものは200部程度からあります。
箱付きの上製本、グラシン紙(パラフィン紙)掛け、糸で綴じる「かがり」、「背継ぎ表紙」等々、伝統的な製本技術を駆使して、美しく品格ある書籍作りに専念しています。
作者やデザイナーの特別注文にも丁寧に応えることで、本自体が文学作品としての「品」に繋がる努力をしており、こうした顧客の要求に応え、手にする読者が満足いくような本づくりをしています。

上製本

一口に上製本と言っても、さまざまな種類があります。大きな本、小さな本。皮の本、とても厚い本、薄いボール紙の本。カバーと中身が一体化しているフランス表紙。色の種類の豊富な、しおりや花切にこだわるのも素敵です。


ページの先頭へ戻る

並製本

一般的に、表紙が柔らかいのが並製本です。手になじみやすく、上製本よりも軽い。背をのりで固めただけなのでそのぶん脆いと思われがちですが、当社の並製本は屈強です。横長や、厚い並製本も得意としております。表紙を内側に折り込む小口折りという手法もあります。
 


ページの先頭へ戻る

手帳

表紙ポケットあり対応、インディアン紙(薄いこしのない紙)対応、手帳~B5サイズ対応しております。
近年珍しくなった人の手による色引きもできます。
 


ページの先頭へ戻る

箔押し

職人が全て手作業で押しています。 ワンポイント押すだけで、本に華を添え、手に取る人を贅沢な気持ちにさせてくれます。
時々、カバーを外して箔押しが施されていないか見てみてください。

ページの先頭へ戻る